一般社団法人 コ・イノベーション研究所

各種お問い合わせはこちらから

お問い合わせ お問い合わせ
お問い合わせ

by 橋本 大佑(はしもと だいすけ)

日英の研究者・実務者交流で英国を訪問しています

日英の研究者・実務者交流で英国を訪問しています

現在、出張で英国のコベントリーに滞在しています。
上の写真は街の中心にある大聖堂です。

今回は、2020年パラリンピック大会に向けてスポーツ以外の分野も含む一人でも多くの研究が
パラリンピック大会をテーマに行われることを目的として日英の研究者・実務者の交流を促進する事業の
一環で、実務者として招待していただきました。

この3月には日本の実務者・研究者が英国を訪問し、6月には英国の研究者が日本を訪問します。

3月の訪問では、コベントリー大学とウスター大学を訪問し、最終日はパラリンピック生誕の地で
あるストーク・マンデビルセンターを訪問する予定です。

2012年のロンドンパラリンピック大会から7年が経った英国が今、どんな状況にあるのか、というところで
たくさんの情報交換ができればと考えています。

英国のバリアフリー

マンチェスター空港から電車で20分の距離にあるコベントリーですが、空港からホテルまでの間にも
バリアフリーに関していろんなものがありましたので紹介します。

印象としては、非常にわかりやすく親切と感じます。
点字ブロックについては、日本が発祥でもあり、日本では各所にありますが、
ドイツでもそうですが、こちらではあまり見かけませんでした。

空港駅で車いすユーザーのサイン

空港駅の階段での標識

駅での表記も明快でわかりやすい

コベントリーのアイビスホテルには自動で開閉する出口があり、ホテル内もフラットでした。

この記事を書いた人

橋本 大佑(はしもと だいすけ)
代表理事
筑波大学で障害児教育を学んだ後、渡独して現地日系企業(THK株式会社)に勤めながら障害者スポーツを学ぶ。2009年に帰国し、障害者の社会参加を促進するためのスポーツを活用した事業を実施。2016年より現職。国内外で共生社会や障害者スポーツ指導者養成に関わる講習を行う。また共生社会の実現に向けて企業を対象としたセミナーやコンサルタントも行う。
戻る